buonviaggi.exblog.jp

buonviaggi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 03日

Aix en Provenceのシャンブルドット 

a0045334_2323959.jpg

2日半滞在したコートダジュールは公共交通機関(特にバス)が充実していたため、レンタカーなしの旅行でもあちこちいけるのですが、後半3日間を過ごすプロヴァンスのきらっと輝く小さな村へのアクセスは車がないと厳しい・・・。とはいえ田舎好きの私はプロヴァンスの小さな村を訪ねたい!出来ればイタリアで言うところのアグリツーリズモに泊まりたい・・・。
小さな村を訪ねる事に関しては、アヴィニヨンかエクサンプロヴァンスから出ているツアーに乗っかれば可能。ということで、アヴィニヨンとエクス周辺のフランス版B&B、アグリツーリズモにあたるシャンブルドットやターブルドット、ジットなどなどをかなーり検索しましてね・・・。あれこれ見比べた結果、最終的には某ガイドブックにも掲載されている(!)エクス旧市街にあるシャンブルドットに泊まることにしました。


大正解!
[PR]

# by kchan0221 | 2010-11-03 03:22 | hotel/albergo | Comments(7)
2010年 10月 28日

Villefranche-sur-Merをそぞろ歩く

a0045334_3462068.jpg

帰ってきてからもう1ヶ月以上経ってるのに、まだ半分にも来ていない南フランス紀行。バタバタ&体調不良(気温の変化でのどをやられて風邪っぴき・・・去年は扁桃腺に悩まされなかっただけに、今年は早々から腫れてしまい、先が思いやられまする・・・--;)ときているため、いつ終わるのやらわかりませんが!ボチボチとね・・・。
ということで、今回はコートダジュールで最後に訪ねた街、Villefranche-sur-Merです。
エズからニースに戻るバスの途中で降りるという方法もあったのですが、バス停の位置がかなり街の中心部から離れていたので、いったんニースに戻り、新たなバスに乗り換えて約10分で到着!インフォメーションのすぐ近くのバス停で下り(インフォメーションはお昼休み中でしたけどね)、ふらふらーっと歩いていくと・・・カラフルなパステルカラーの街にたどり着きました!


路地裏もかわいい。
[PR]

# by kchan0221 | 2010-10-28 04:16 | Europe | Comments(10)
2010年 10月 16日

Ezeをそぞろ歩く

a0045334_1844416.jpg

コートダジュールの鷲の巣村の中でも知名度と人気共に非常に高いEze。
どこか1つだけ。という時に迷わず選べ!と某ガイドブックにも書かれている理由が行ってみたらよーくわかりました。きっと、ゆっくりとあちこちと訪ねたなら、Eze以上に魅力的で気に入る街が出てくるような気はしますが、この街を歩き、感じ、そしてこの景色を見てしまうと、なぜこの街がこれほどまでに人から愛されているのかがよーくわかります。というわけで、細かいことはとやかく言わず・・・。エズの迷路?のような路地裏と青い空&海の写真をどうぞー。


ちょっとした迷路のような街でした。
[PR]

# by kchan0221 | 2010-10-16 03:53 | Europe | Comments(12)
2010年 10月 15日

Ezeで優雅な朝ごはん

a0045334_3143312.jpg

3日目の朝。この日は夕方にはニースからエクサンプロヴァンスに移動。コートダジュールもこの日が最後。ということで、朝早起きし、さっさと荷物をまとめて早々にチェックアウト。大きな荷物はホテルに預かってもらい、コートダジュールで行くべき街No.1とされるEze=エズへ向かいました。
ニースのバスターミナルからは街中を抜け、どんどんと上に上って行くこと約20分で到着!乗り合わせたバスは、地元の通勤客の方が多かったようで、エズで下りたのは私たちのほかにはほんの数人。日中は観光客でいっぱいになるであろうこの天空の村も朝はやっぱり静かで・・・青い空と紺碧の海がとても美しくとってもきもちいい!


早起きした甲斐あり。
[PR]

# by kchan0221 | 2010-10-15 03:41 | Europe | Comments(10)
2010年 10月 09日

Venceをそぞろ歩く

a0045334_3565850.jpg

St-Paul de VenceからVenceまではニースから乗ってきたバスに再び乗り、約10分ほど。本数が少ない!というほどではないのですが、多くもないので、1本逃すと大幅に時間がずれ込む・・・ということで、お昼はささっとサンドイッチで済ませ、バスに乗りこみました。Venceもまた芸術家に愛された城壁に囲まれた中世の街のひとつ。Venceを愛した画家の中でも有名なのがマティスさん。バスは新市街のバスターミナルに止まり、旧市街までそこから歩くこと5分ほどなのですが、旧市街に向かう前に、晩年のマティスが彼のすべてをつぎ込んだ集大成とも言えるロザリオ礼拝堂へ向かいます。


お天気が崩れてきたので人も少なめ。
[PR]

# by kchan0221 | 2010-10-09 04:30 | Europe | Comments(6)