buonviaggi.exblog.jp

buonviaggi.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 19日

花見にワイン♪

a0045334_253357.jpg

今日はお花見に行ってきました。in Vienna




a0045334_27288.jpgウィーン19区にあるその名も世田谷公園。(笑)名前の由来は・・・
1984/1985年以来、ウィーンドゥブリング区(世田谷公園のある19区の別名)との姉妹都市である世田谷区にちなみ命名されたとのこと。
このお庭にあるあずまや、石塔、灯篭などは友好の証として当時の世田谷区長から贈られ、このお庭の設計・芸術的作庭は、造園家の中島健氏によるものだそう。(世田谷公園の立て看板情報)
a0045334_212657.jpgこの写真だけ見てたら、ここは日本?!と思いそうな位の日本庭園。お庭の池には鯉が泳いでいたし、亀が日光浴してたし・・・。ここのお隣が老人ホームなので、ご年配の方々の憩いの場と化していました。
数種類の桜以外にも様々なお花や木々が植えられていて、非常にほっと落ち着ける雰囲気のある小さな公園。ちょうど見ごろの桜もあり、桜の木の下でぼけ~っと佇むと本当に日本にいるみたいに感じてしまったのです。せっかくなので今回撮ってきたお花の写真を一部ご紹介。
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
a0045334_217652.jpga0045334_2175447.jpg
a0045334_2183241.jpga0045334_2194948.jpg
a0045334_2203278.jpga0045334_2213579.jpg

ああ~キレイだよね~と和んだ後は・・・。
a0045334_230863.jpg実は朝ごはんも昼ごはんも食べていなかったので、かなりお腹が減ってきた。時間は午後2時を過ぎたところ。当初はカフェにでも行くか~!!などと言っていたのだけれど・・・。この公園の近くを散歩していたら見えたひとつの地名。
Grinzing。観光客の方がよく行くウィーンでも有名な
Heirigeのある地区の名前なんだけれど、そこまで
2.1kmと書いてあるではありませんか?!

a0045334_2315165.jpgそうだった~。19区っていえば、Heirigeが多いのだった!ということで、持参の地図をおもむろに取り出し・・・。Grinzingではない19区のホイリゲ村2ヶ所がこの近くで今いるところからバスでいけると判明。私は両方行ったことなかったけれど、友人が片方に行ったことがあったので、行ったことない方に行こう!!と、まだまだお日様がたか~いところにいらっしゃるうちから・・・。向かってみた。(笑)

a0045334_2331770.jpg39Aのバスにゆられることしばし、たどり着いた先。終点のSievering。バス停のすぐそばに今日開いているホイリゲのお店の案内板があり、それによると4軒ある・・・。3軒は同じ通り沿いだから、こっちの通りに行こう!と進んでいった先、2軒はまだ開いておらず、1軒だけあいてましたよ!!ここ。ここここここ~!!
Heirige Kollerです。

a0045334_238270.jpga0045334_2384359.jpg
a0045334_2392533.jpg入り口はとても小さそうなホイリゲっぽかったのだけれど、中に入ってみたらとっても広い上、非常に素敵だった!!わお~。ここは本当にウィーン?!ありえない~~!!とここにたどり着くまでにいいながら来たけれど・・・。ここはウィーン。でも、中心部(=家)からほんの40分ほどでこんなところに来られるなんて私たちってば幸せよね~。などといいつつ・・・。今日はテラス席に陣取ってみました。
a0045334_24345.jpga0045334_2434212.jpga0045334_2442019.jpg
a0045334_2453880.jpga0045334_2461642.jpga0045334_247356.jpg
今日はこんなの食べてみました。(笑)
上段はこのKollerの食べ物コーナー。下段は食べたもの。(笑)
ちなみに1杯目に頂いたのはここのホイリゲ(新酒)でGemischter Satz。
バイブル化しているオーストリアワインガイドブックによりますと、これは通常ならばブドウは種類を分けて植えられているのだけれど、これはひとつの畑に数種類のブドウが混ぜこぜで植えられていて、そのブドウを同時に収穫、そのブドウで造られたワインなのです。通常ならば、ブドウって種類によって収穫時期も違うし、後でブレンドするんだけれど、同じ畑で取れたブドウでかつ始めから色々な種類が混ざっているということもあり、優れた生産者の手にかかると圧倒的にすばらしいワインができるとのこと。
ということを以前に読んでいて、行きつけのWieningerで試そう試そうと思っていたのだけれど、行ったら別のをいつも頼んで、今まで飲みそこねていたワインだったのです。それを今日は頂いてみました。ら~!!
ホイリゲって新酒のはずだから、フレッシュ&フルーティー感がが~っとくるんだけれど、確かにそれもあるけれど、それ以上にとても力強さを感じられる非常に美味しいワイン!!
ホイリゲは1/4lサイズのマグカップに入って出てくるのだけれど、実はホイリゲはあまり得意でないということもあり、今回は1つ分を2つのグラスに分けてもらい、1/8lずつ飲んだのだけれど、あまりにも美味しくてく~っと頂いてしまいましたよ~。
a0045334_2581710.jpgそして次は何を飲みますかね~?!なんて話していたら、お店のおばちゃんがこんなものを貼りに出てきましたのですわっ。
Erdbeer Bowle。
なんじゃこれ?!
つ~ことで他のお客さんに尋ねてみたら、スペインの・・・とか言ってる。in German。つ~か、もう既に1杯飲んでほろ酔いだからドイツ語わからん~。と思っていたら、お店のおばちゃんが、イチゴと砂糖が入った甘いワインだよ~と追加説明。
イチゴも甘いワインも大好きよ~ん★ということで、頼んでみました~。
a0045334_323288.jpg食べ物を追加購入に行った際にちょうど
Erdbeer Bowleを製作中だったため、写真を撮らせてもらったのですが・・・。
こんな感じにイチゴをざくざく切って、ホイリゲ用のマグに投入。その後ピンク色のほんのり甘いワインを注入~。このホイリゲにはZweigeltのRoseがあったから、それにちょっと甘みをつけてあるのかな?と勝手に想像した次第。
a0045334_35148.jpgで、こんな感じです!
Erdbeer Bowle。
要するにサングリアオーストリアバージョン?!(笑)
メニューを見たところ、このホイリゲではBowleを季節のフルーツで提供している模様。今はイチゴの時期だから・・・。
真っ赤なイチゴがたくさん入ったこのピンク色の液体。イチゴのあの甘酸っぱい香りと共に、ふんわりとワインの香りが。そしてこのワイン自体は、ちょっと甘めだけれど、結構きついと思われる(笑)まずイチゴをすくってそのままお口へ。そしてその後ワインを一口。いや~これはうまいっ。半分くらい飲んだ後はイチゴをスプーンで半つぶしにして・・・そうすると、イチゴのフルーティーさがますます引き立ち、と~っても美味しかったのでありました。私たちの後ろに座っていたおばちゃんはこれを2杯飲んでいたらしい!!
甘いのでとっても飲みやすいし、非常に美味なこのErdbeer Bowle。でも、ある意味非常に危険。結局今日飲んだのは、1/8l + Erdbeer Bowle(多分ワインは半分と思われるので1/8l位?)合計でも250ml前後だと思うのだけれど・・・。帰り道の私はかな~り千鳥ってました。
それにしても、良く良く考えてみたら・・・。2日から始まったこのお休み。ここまで17日経過しているけれど、その間Wine飲んだ日にち数えたら・・・。なんと!12日。
そりゃあ、体も重くなるわな・・・。
なんとかしないと、非常にやばい・・・とまた飲んでしまってから反省したのでありました。^^;
明日は粗食&禁酒&禁おやつ(特に冷蔵庫に大量に入っているチョコ。)で頑張ります。
そしてイタリア編も書きます~!!
今日は桜を早くお見せしたかったので、こっちにしてみました。^^;
[PR]

by kchan0221 | 2006-04-19 03:23 | Vino/Wine


<< Agriturist RUPE...      Wienに戻ってきました。 >>